単身女性の初めての引越し

近年では転勤、進学、結婚などで引越しをする人も増えてきましたが、それでも人生の中で数えるほどしか経験しないことです。

特に女性は結婚などのライフスタイルの変化がないと、そうそう経験することではありません。

初めてのことでは分からないことだらけで不安もあるでしょうが、女性が一人で引っ越すときには自分は女性であるということを意識したほうがいいでしょう。

料金が安くしたいのであれば「サカイ引越しセンターは安い?料金を低くおさえるコツ」というサイトを参考にしてみると良いでしょう

例えば、作業員とはいえ見知らぬ男性を部屋にあげるのには抵抗があるし、見られたくないものもあります。


また、大事なものの扱いには注意してほしいけど引越しでバタバタしている時にこちらもいちいち気をかけていられません。

問題なく引っ越せたとしても、適当に荷物を運び込まれてしまうと女性では大型家財を配置できませんし、加えて電化製品の配線ができないということもあります。


そこで重要なのは女性のための引越しサービスを利用するということです。

最近は一人暮らしの女性が単身で引越しを行うケースも増えていることから、各引越業者は女性のために様々なサービスを用意しています。

どのようなサービスを提供しているかは引越業者ごとで変わりますが、女性が注目したいサービスには次のような内容があります。

タンスの中身を出さずにそのまま運び出すサービス、新居での盗聴器検査サービス、家電取り付けサービスなどです。

タンス運び出しサービスなら荷造りの手間もありませんし、中身を見られることもありません。

盗聴器検査サービスでは、安全な一人暮らしに配慮して新しい部屋での盗聴器検査を行い、家電取り付けサービスでは配線が難しい家電もすべて取り付けてくれます。


また、女性一人ということで男性作業員にプライベートなことを尋ねられたりという話も昔はあったようですが、必要なこと以外は作業員が依頼者にむやみに話しかけたりしないように業者も教育を徹底しているので、ここでも業者の質が見えますね。

初めてのことで、どうしたらいいのか分からないことも多いでしょうが、今はインターネットからほしい情報を入手できる時代です。

あらかじめ知識を持って行えば抱えている不安も解消されるでしょう。

引越しの効率と費用

引越し作業の効率は物件ごとによって異なります。

たとえば普通に考えてもわかるように、1階よりも2階に部屋があるほうが作業の手間がかかります。

そのため、部屋階数、トラックの停車場所、エレベーターの有無、入り口の広さなどによってどの程度作業がスムーズに進むかが変わってくるでしょう。

もちろん手間がかかるほど費用もかかりますが、滅多なことがない限りは見積もりの価格で作業を請け負ってもらうことが可能です。

しかし後で追加料金を取られても困るので物件の詳細を見積もりの段階できちんと伝えておくことが大切です。

また、時間指定をしない(午後便またはフリー便を選択)なら、繁忙期でも費用が安くなる傾向があります。

ただ、特に時期を選ばなくていいのなら閑散期に引越しを検討したほうが繁忙期に比べて5割もお得になるのでおすすめです。

ちなみに、見積もりと一緒に提出される引越約款にて引越し業者との取り引き上のルールが確認できます。

引越しの際の手続きや見積もり方法は引越し比較見積もりナビ公式で確認するのがオススメです。

業者を探す

近年では転勤、進学、結婚などで引越しをする人も増えてきましたが、それでも人生の中で数えるほどしか経験しないことです。

特に女性は結婚などのライフスタイルの変化がないと、そうそう経験することではありません。

初めてのことでは分からないことだらけで不安もあるでしょうが、女性が一人で引っ越すときには自分は女性であるということを意識したほうがいいでしょう。

料金が安くしたいのであれば「サカイ引越しセンターは安い?料金を低くおさえるコツ」というサイトを参考にしてみると良いでしょう

例えば、作業員とはいえ見知らぬ男性を部屋にあげるのには抵抗があるし、見られたくないものもあります。


また、大事なものの扱いには注意してほしいけど引越しでバタバタしている時にこちらもいちいち気をかけていられません。

問題なく引っ越せたとしても、適当に荷物を運び込まれてしまうと女性では大型家財を配置できませんし、加えて電化製品の配線ができないということもあります。


そこで重要なのは女性のための引越しサービスを利用するということです。

最近は一人暮らしの女性が単身で引越しを行うケースも増えていることから、各引越業者は女性のために様々なサービスを用意しています。

どのようなサービスを提供しているかは引越業者ごとで変わりますが、女性が注目したいサービスには次のような内容があります。

タンスの中身を出さずにそのまま運び出すサービス、新居での盗聴器検査サービス、家電取り付けサービスなどです。

タンス運び出しサービスなら荷造りの手間もありませんし、中身を見られることもありません。

盗聴器検査サービスでは、安全な一人暮らしに配慮して新しい部屋での盗聴器検査を行い、家電取り付けサービスでは配線が難しい家電もすべて取り付けてくれます。


また、女性一人ということで男性作業員にプライベートなことを尋ねられたりという話も昔はあったようですが、必要なこと以外は作業員が依頼者にむやみに話しかけたりしないように業者も教育を徹底しているので、ここでも業者の質が見えますね。

初めてのことで、どうしたらいいのか分からないことも多いでしょうが、今はインターネットからほしい情報を入手できる時代です。

あらかじめ知識を持って行えば抱えている不安も解消されるでしょう。

計画を立てる

引越し日を決めたら、スケジュールを組んで計画的に作業を進めます。

引越しには繁忙期と閑散期がありますが、繁忙期(2月・3月・4月、土曜・日曜・祝日)なら最低でも引越し日の2週間前までには引越業者を決めておきましょう。

引越し日が確定したときに、まず行うのは賃貸解約とインターネット工事の手続きです。

そして引越し日の1週間前には、所定の役所手続きを行います。

たとえば住民転出届や各種住所変更などがありますので、必要手続きを紙に書き出しておきましょう。

同じ地域内で引っ越すのか、隣の市へ越すのか、県外へ越すのかなどで必要な手続きが変わるので役所で尋ねたほうが早いですね。

引越し日の3・4日前には、郵便物の転送届を出してガス・水道・電気の公共料金の精算を行います。

このスケジュールの合間で荷物をまとめる作業も進めていきます。

引越し手順を書きだしチェックシートで確認をしていくことで手続きのし忘れを防げます。